仏教 ~お経や宗派の歴史~
HOME > 知れば面白くなるお経

知れば面白くなるお経

普通に人がパッと見ても漢字がいっぱいでわからない…と思われがちのお経。一言にお経といってもその一文字一文字に意味がこめられていて、きちんとした内容になっているのです。それは宗派ごとにさらに内容も細分化しています。

小乗経典とはどういうお経?

小乗経典とは現在の主流になる大乗経典が作成される前に存在していたお経の事です。これは釈尊つまり入滅される前のお釈迦様、直接の教えを基に書かれていると…

大乗経典はどんなお経?

大乗経典は前項の小乗とくらべてすべての人を等しく救うという意味合いから大乗、つまり大きな乗り物であるべきという信条の経典です。日本でいうお経とは大…

密教経典

そのまま読むと秘密の教えである密教ですが、これが「密教経典」だという決まった定義はないのが現状です。しかし一般には4段階になるといわれており、雑密…

その他の経典

日本における仏教は「祖師仏教」といわれていて道元、日蓮、法然、など様々な宗祖つまりはその流派の創始者が存在していて、宗祖達の努力により広まっていきま…